ここはチラシの裏じゃ

はてなダイアリーから移行します。

クトゥルフ博物館 に参加してきました。

SFやコズミックホラー、TRPGでおなじみのクトゥルフ神話
その造形物を世界中から集めた博物館が1日だけ開館するという情報を聞きつけた私。
10数年前に一瞬TRPGで遊んだのと、あとはリプレイ動画を10本くらい見ただけという知識ではありますが、何だか面白そうだったので申し込んでみました。

ギャラリーで作品が展示されてるだけなのかな?と思ってたんですが、
まず申し込みの数日後に怪しい手紙が届くところから物語が始まります。


ただの展示だけではなく、ここから怪しげな事件に巻き込まれる事になります。

他の参加者の元にも続々と怪しい手紙が届いているようで、Twitterハッシュタグを中心に各々推理をしたり、情報共有をしたりと、イベントが始まる前から盛り上がりました。

 

さて、当日。手紙に同封されていた地図に従い、川端商店街の脇道に向かいます。
出てきたのはこんなポスターと、こんな建物。

f:id:shigre700:20171009164949j:plain

f:id:shigre700:20171009164954j:plain

中に入ると、怪しげなフェルト帽を被ったおじさんが出迎えてくれました。
彼が言うには、この手紙を出したのは私です…という事なのですが。

この怪しい物語の結末については、私の口からは語りません。
興味を持った方は、次回以降のイベントにぜひ参加されてみてください。
主催者の方のTwitterはコチラです↓

masu@イベント制作団体「カバル」 (@Cthulhu_mania) | Twitter

f:id:shigre700:20171009170200j:plain


以下、世界中の様々な方が制作された作品を掲載します。
1つ1つ記述していくのは大変なので、特に説明は設けません。
が、この記事をご覧の方であればそれぞれの特徴などから、これが何を象ったものかはおおよそ想像がつくことでしょう。

f:id:shigre700:20171009170209j:plain

f:id:shigre700:20171009170217j:plain

f:id:shigre700:20171009170224j:plain

f:id:shigre700:20171009170232j:plain

f:id:shigre700:20171009170311j:plain

f:id:shigre700:20171009170318j:plain

f:id:shigre700:20171009170324j:plain

f:id:shigre700:20171009170335j:plain

f:id:shigre700:20171009170345j:plain

f:id:shigre700:20171009170353j:plain

f:id:shigre700:20171009170400j:plain

f:id:shigre700:20171009170405j:plain

f:id:shigre700:20171009170411j:plain

f:id:shigre700:20171009170417j:plain

f:id:shigre700:20171009170424j:plain

f:id:shigre700:20171009170429j:plain

f:id:shigre700:20171009170435j:plain

f:id:shigre700:20171009170441j:plain

f:id:shigre700:20171009170447j:plain

f:id:shigre700:20171009170455j:plain

f:id:shigre700:20171009170502j:plain

f:id:shigre700:20171009170508j:plain

f:id:shigre700:20171009170513j:plain

f:id:shigre700:20171009170537j:plain

f:id:shigre700:20171009170548j:plain

f:id:shigre700:20171009170555j:plain

f:id:shigre700:20171009170602j:plain

f:id:shigre700:20171009170608j:plain

f:id:shigre700:20171009170614j:plain

f:id:shigre700:20171009170622j:plain

f:id:shigre700:20171009170627j:plain

f:id:shigre700:20171009170636j:plain

f:id:shigre700:20171009170644j:plain

f:id:shigre700:20171009170743j:plain

f:id:shigre700:20171009170818j:plain

f:id:shigre700:20171009170823j:plain

f:id:shigre700:20171009170829j:plain

f:id:shigre700:20171009170837j:plain

f:id:shigre700:20171009170844j:plain

f:id:shigre700:20171009170850j:plain

f:id:shigre700:20171009170858j:plain

f:id:shigre700:20171009170905j:plain

Bluboo S8を貰える事になった!

Android系のレビューブログって結構色々あって、私の購読してるサイトがいくつかあります。
その中でも結構な更新頻度で、レビューはもとより海外通販サイトの情報をよく投稿している、Beヨンドさんというサイトにて。

bey.jp

はい、当選しました!
ビックリしましたね。口コミを丁寧に書いたからでしょうか?
早速出荷の案内が来たので、到着を楽しみにしてます。

端末として、Bluboo S8についてはBeヨンドさんのページをご覧いただくのが一番早いです。
いわゆるGalaxy S8クローンな見た目で、スペックはAntutu40000前後のミドル端末ですね。

個人的に一番のポイントは、画面サイズ5.7インチということ。
5.5だと漫画を読むにはまだちょっと小さい…でも6インチ以上に大きくなると普段使いづらい。
そのワガママな需要に応えるサイズかなーと思います。

あー届くのが楽しみだ。

Fazer125の色んなところに抜いたり挿したりしてUSB電源を取り付ける

やあ日本全国114514人のFazer125ユーザーのみんな!
今回は、Fazer125…あれ、YS125Fiだっけ…?
名前はよく分からないままだけど、このバイクにUSB電源をつけていくぜ!

つける電源は…なんだっけ、購入自体はだいぶ昔の話で覚えてないんだけど、
シガーソケットとUSBの両方を取り出せるやつです。
実はGearbestみたいなサイトでも売ってる。しかも安い。

www.gearbest.com

じゃ、これをつけていこう…なんだけど、GN125Hと違ってカプラーから取り出すのは無理っぽい。
なので今回はリレーを噛ませます。
USB電源の他に、今回改めて購入したものは以下のとおり。

エーモン リレー 4極 DC12V車専用

エーモン ギボシ端子セット(ダブル) 

エーモン ダブルコード 1.25sq 6m 赤/黒 1182 

 あとはテスターとか、圧着工具とか、普通のオスメスのギボシ端子とか、タイラップがあるといい。(いわゆる電子工作に使うものたち)

配線としては、リレーの説明通りにやればいいんだけど…簡単に図解しておく。

f:id:shigre700:20170906221454j:plain

この青い分岐ラインが分かりにくいかもと思ったので、以下実写。

f:id:shigre700:20170906204748j:plainこのU字になってる赤い線を介して、青い線に繋がってるんだけど、
元々この青い線がリアのランプの配線。
ギボシを外して、こうして三つ叉のギボシを経由して分岐させた。

あと、バッテリ周りで罠だなーと思ったポイントも紹介。

f:id:shigre700:20170906204812j:plain

リレーはこんな感じで、タンク横、シート下にあたる箇所が空いてるのでココに収納できる。
フレームがすぐそばにあるから、配線もまとめやすい。

f:id:shigre700:20170906204754j:plain

 

というわけで、ちゃんとリレーをつけてあげることで電源は取れるようになりました。
しばらくこれで走ってみて、何か問題があればまた記事にします。
以上!閉廷!

Fazer125のインプレを小出しにしていく

通勤に使ってみて。

とにかく軽い

ここ2ヶ月くらいNinja400で通勤してたから、というのもあるんだけど、とにかく軽い。
軽いと何が良いのか。自分の体感としては…
1.疲れない。
2.交差点で曲がるのが楽。
3.渋滞でふらつかない

Ninja400(211kg)とFazer125(127kg)を比べて、
あー90kg軽いだけでこんなに楽なんだなあ…って改めて思いました。
フルステアでふらついても絶対立ちごけしない安心感もある。

停止時にN入れるのがめんどい

これはKawasaki車とそれ以外としての話。
Kawasakiは停車してると2速以上に入らない仕様だから、とにかくギア上げればNになるというのが非常に良かった。
またこれに付随して、Kawasaki車以外は1速に入れる時ガゴンッ!って鳴らないのが寂しい。
ガゴンッ!って鳴った方がテンション上がる…テンション上がらない?

案外クラッチレバーが重い

要調整。GN125Hもそうだったけど、調整ダイヤルが無いのも痛い。
適当な社外レバーつけてみようかな?

Nなのにエンストする

これは特有のものなのか、他のバイクでもあるのか、分からないんだけど・・・
Nの緑ランプがついている状態でクラッチレバーを離すと、明らかにクラッチが繋がってエンストした場面が1回。
再現しなかったから偶然かもしれないけど怖い。

燃費良さそうじゃね感がある

まだ1回しか給油してないので計れないんだけど、
5速4000回転~5000回転で流れに乗れる。
GN125Hでは7000回転くらい回す場面も普通にあったから、これは燃費に期待ができる。
ギア比とかスプロケの設定が違うのかも?(詳しいことは分からない)

ステップほんと前すぎる

アチェンジする時に、左足がバレリーナ並に反る。
チェンジペダルの調整はしようと思うけど、あんまり意味なさそう。
欧州モデルはバックステップがあるとか無いとか…

通勤用ならリアキャリアつけるべき

オプションのリアキャリア、すごく造りが良い。
今度また写真載せるけど…オススメ度が高いです。
横のバーはタンデム用として普通に使えそうだし、パニアくくりつけるのにも充分。
トップケース設置するのも問題無くて、ボルト留める用の穴がついてるのはとても良かった。
(GN125Hの時はパイプがついてるだけだったから、留めるのが面倒だった)

以上、軽く乗ってみての雑感。
また1ヶ月後くらいに追加レビューしたい。

YS125Fi(Fazer125)を手に入れた!

というわけで、納車されました。
GN125Hの後釜、通勤マシンです。

インプレっぽいやつ

ファーストインプレッションとしては、上記ツイートの通り。
この後、夜の糸島をぐるぐるして、大体100kmくらい走ってみました。
・ステップはやっぱり前すぎると思いつつ、街乗りではすごく楽。
・ランプが全部緑なのは違和感。
・フロントブレーキ全然使わねえ…リアだけで充分用をなす。


早速いじる

で、このままでは何もマウント出来ない感じのバーハンドルなので…翌朝コーナンに直行。
アルミパイプ、パイプ挟むやつ、ネジ類諸々でバーをつけてみました。

 バーをつければ、そこに載せるものが必要…ということでUSBシガソケの電源をつけようと思うものの…

電源の取り出しについて

 3極あって、赤、黒、水色のケーブル。
黒はGNDとして、赤はいわゆるバッ直っぽい。
水色がACCかなと思って接続してみたけどダメ…うまいこと電流が出てないみたい?

カプラー経由でいければ楽かなと思ったんだけど、リレー咬ましてやるしかなさそう。
明日の仕事帰りに部材調達してくるつもり。

バイクに乗っている件について

原付

2015年冬頃、人生初の原付を購入した。
就職して、なーんか閉塞感あるなーってところから、バイクに乗りたくなった。
近所の個人店でホンダのTodayを購入。選択肢が無くて、まあこれでいいか〜と。
結局1年くらい乗って、まあまあ楽しかった。
次のバイクを買うときに下取りで持って行ってもらった。

125cc

話は前後して、原付おもしれーすげーって思って、2016年の秋頃に普通二輪の免許を取得。
でもいきなり250、400はな…どうせなら通勤に使えるやつ…コスパも気になる…アイアンマン!!
という理由から、2016年冬にGN125Hを購入。

通勤にバリバリ使って、半年経たない頃に交通事故。
交差点で直進してたら対向車線のノールック右折車が突っ込んできて一発廃車!!クソが!!!


通勤用に125ccが必要なので、次のバイクを検討。
GN125Hは半年で充分堪能した(迫真)ので、次はストファイにしよう…
ということで、そろそろYS125FiというかFazer125というか、んにゃぴ…よく分かんない名前のバイクが納車される予定です。


次回はツーリング用バイク(大嘘)として納車されたNinja400について40分くらい話そうかな。

3辺ベゼルレスのスマホ比較しとこう

新しいスマホを買うべく、先日予約が開始されたDoogee mixを最速で注文してたんですが、昨日ネットを見てたらMAZE Alphaが発表されてました。
金額的にめっちゃ対抗している感じだったので、スペック比較しときたい。
場合によってはMAZEに速攻で買い換えも検討しなければ。
今回はそんな自分用まとめです。

ネットワーク 4G FDD-LTEバンドについて

Doogee 1,3,7,8,20
MAZE 1,3,7,8,20
全く同じみたいです。
日本で使う時は、Band1と3がDoCoMoの使用帯域にあたりますね。
都市部で生活する分には1だけ対応してればほとんど困りません。

ネットワーク 無線LANについて

Doogee Mix b/g/n
MAZE Alpha a/b/g/n/ac
正直、ここが一番キツい。
MAZE Alphaなら5GHz帯で高速なうんちのやり取りができてしまう。

システム

ぶっちゃけ基本スペックは同じ。
OS Android7.0
CPU Helio P25
GPU Mali T880
RAM 6GB
ROM 64GB
※メモリはモデルによって違う。

ディスプレイ

ここが明確に違う。
Doogee mix 5.5インチ 720p 294ppi
MAZE Alpha 6インチ 1080p 367ppi
Doogee mixは解像度が低いものの、AMOLEDの有機EL
またMAZE Alphaはゴリラガラス。
ppiの差は実際そこまでえらい差にならないと思うけど、
実サイズの差による表示され方の違いが問題かも。
実際手にとって両方見てみたい。

カメラ

どうでもいいので書きません

バッテリー

Doogee mix 3380mAh
MAZE Alpha 4000mAh
画面のピクセル数的にはDoogee mixの方が低負荷≒バッテリーがもつ、と思いきや
MAZE Alphaは若干バッテリー容量が大きい。
結局のところ連続稼働時間はあまり変わらないかもしれません。

重量

Doogee mix 193g
MAZE Alpha 225g
その分、重量がこれだけ違います。
0.5インチ分のサイズ差とバッテリーで約30g…
体感出来る差ですが、実感はしなさそう。

調べた上での結論。

参っちゃったね…。
とりあえずはDoogee mixを使いながら、
お財布事情とセールが噛み合えば(あと他のレビューの評価を見ながら)MAZE Alphaも買ってみようかなという感じ。
システム的なスペックはほぼ同一なので、そこまで致命的な格差は無さそうじゃない?


この2台は、商流を絞っているっぽい。
それぞれ買えるショップが違うので一応紹介します。
Doogee mixはBanggoodで
MAZE AplhaはGearbestで


バイクの日記も書きたかったけど、それはまた今度だ!