ここはチラシの裏じゃ

カメラとドールとバイクとVapeとオタク

Raspberry pi mntの再設定

Raspberry Piのアップグレードをしたところ、smbのフォルダマウントが解除されたので覚え書き。

そもそもの話をすると、1年か2年ぶりにsudo updateとupgradeをしたんですが、何故か上手く行かなくて。
そもそもアップデート用のサーバ設定が古くてダメだったっぽい。
国内のリポジトリに書き換えるところから話が始まる。

sudo updateをした際にwheezyなんたらというURLでエラーが出まくる場合、以下の方法で書き換える。

リポジトリのリスト書き換え

場所:/etc/apt/sources.list
sudo nano ~などで上記ファイルを開き、

deb http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian stretch main contrib non-free rpi

を追加する。
アドレスはjaistじゃなくてもいいし、ここを見ると一覧が書いてある。
なおこの作業時、wheezyの行は全部消した。残しておくとエラーが相変わらず出て邪魔なため。

www.raspbian.org

 

んで、今回の本題。

フォルダのマウントはmountコマンドで一時的に行えるので、それで動作確認する。

sudo mount -t cifs -o username=hogehoge,password=mogemoge //192.168.nn.nnn/FOLDERNAME /mnt/FOLDERNAME

cifsはsmbのファイルシステムですということらしい。
usernameとpasswordは今回平文で書いた。自宅だからね。

それでRaspbian再起動時に自動で再マウントさせる場合、fstabを使う。
場所:/etc/fstab

//192.168.nn.nnn/FOLDERNAME /mnt/FOLDERNAME cifs vers=1.0,username=hogehoge,password=mogemoge,iocharset=utf8,rw,uid=1001,gid=1001,defaults 0 0

uid、gidはidコマンドで確認しておく。

ついでに(?)、ddns nowのLinux上での更新も挑戦してるんだけど…イマイチうまく行ってないっぽい。のんびり調査中。