ここはチラシの裏じゃ

カメラとドールとバイクとVapeとオタク

有坂愛海さんの「アラサーロリータ、原宿に立つ」聴いたぞ!!

3月頃話題になったので知ってる方もいらっしゃるかと。
YouTubeで聴いてみて手に入るCDを片っ端から注文しましたよ。
今回は有坂愛海名義の1stアルバムだと思われるアラサーロリータ、原宿に立つ」について、数曲ピックアップして書いてみます。

 CDはこちらの公式通販ページから買いました。
…って購入当時はあったアラサーロリータ、原宿に立つが品切れになっている…?

arisakaemi.thebase.in

6 いちご戦争

アルバムの中では最後の曲ですが、これMVをちゃんと作られてるので最初に紹介します。ぜひこの曲だけでも聴いてみてほしい。

このブログをご覧の方はオタク属性がある程度あると思うので、この曲だけでもどこかしら琴線に触れるんじゃないかと。
曲としても盛り上がるように作られてて、最初のシンセが儚げで、だんだんドラムとベースで迫ってくるのが気持ちいいですね。
(残業に入る時に聴きたい。)

1 アラサーロリータ、原宿に立つ

アルバム内では一曲目です。
入籍、同窓会、会社…僕もそろそろ30歳なのでアラサーなんですが、どストレートに感じる曲です。
趣味を謳歌してると「独身のうちに満喫しとけー」とか「子どもが出来たら遊べなくなるぞー」みたいな言葉が飛んできますが、それに対する怒りというか反発というか、他人の人生に茶々入れてんじゃねえ!みたいなモヤモヤした気持ちが溜まっていくような気がして。
言いたい事は分かる、でもこれが今生きてる自分なんだという思いを格好良く歌い上げた曲だと思います。
CDのクレジットには16/09/18とあり、歌詞にも2016年と出てきます。
こういう言葉選びも、今生きている事の証明みたいなものを感じたり、
また有坂さんはライブを頻繁にされているようなので、そういう意味でも今聴いてくれる人を大事にしてるのかなーと思ったり。

3 僕は一生受粉しない

この曲、タイトルを見て女性視点かと思ったけど歌詞は男性視点です。
"草食系男子とか言うけどシマウマだって交尾してる"
"植物系男子とか言うけどアサガオだって受粉してる"
ここの歌詞、最高です。

あと、これはライブの冒頭MCと間奏で話してたのがめっちゃ面白かったです。ハーモニカの演奏も必見。

5 アンドロイドパンダさん

失恋曲ですね。LINEとかブログとかでの行動があるあるって感じで。
サビの"アンドロイドロイドロイドパンダさん"のリズムがすごく心地よくて思わず口ずさむ感じ。
ライブ版は生声ですが、CD版は一部ケロケロしてます。歌詞カードもあわせて聴いてみてほしい。

あ、帯も面白かったので紹介。
サブタイトル的な「どこへ行ってもあぶれちゃったあたし達へ」
帯裏の「15年間成功出来ないからこそ今歌える上手くいかない君に聞いてほしい曲達」
こんな感じに自分を表現する姿勢、すごく好きです。

 あと4枚あるので、また追々書いていきますね。

α7RIII用の中華バッテリーグリップ(いわゆる縦グリ)レビュー

f:id:shigre700:20180325191518j:plain

まとめ:純正品の1/3の価格でこれは充分すぎる

バッテリーグリップって
・バッテリーが2本内蔵されるから電池持ちが気にならなくなる
・特にα7シリーズはボディが小さいのでホールド性が良くなる
・縦構図で撮りやすくなる
というメリットがあるんですが、純正品で買うには比較的高額なアクセサリです。

α9、α7RIII、α7IIIは同じボディ形状で、これら3機種に対応するものとして、
VG-C3EMという品番のグリップが販売されてます。

ソニー SONY 縦位置グリップ VG-C3EM

ソニー SONY 縦位置グリップ VG-C3EM

 

ただ、これ定価で35,000円もする。正直高い。
そこで今回は、僕たち貧民の味方!
互換品の!安い!バッテリーグリップを購入してしばらく使ってみたのでレビューします。

概要

f:id:shigre700:20180325191451j:plain

はい、MEIKEってメーカーの商品です。

 パッケージに記載されていた品番では、MK-A9 Proというもの。

MEIKEは同じくソニーではa7IIやa6500、他社カメラのD850や6Dm2等、様々なカメラ用のグリップを製造販売している、比較的メジャーなメーカーです。
(メーカーと言っていいのかは微妙ですが)

追記:Neewerからも出てました。多分どっちも同じ工場のOEMだと思います。
Neewer VGC3EM用のNW-A9垂直バッテリーグリップの交換品、2.4GHzリモコン付き、Sony A9 A7RIIIに適用(バッテリーなし)

以下レビュー

外観

グリップの色が少し暗いですが問題無し。
グリップのホールド感は純正よりラバーっぽさが強く、握りやすい。

f:id:shigre700:20180325191524j:plain

また、小指余りはちゃんと解消されます。

f:id:shigre700:20180325191941j:plain

ボタンの感じ

クリック感などの差はあれど、ほぼ問題無い印象。スティックもちゃんと動く。
純正品のC1、C2、AELなどのボタンは微かなクリック感がありますが、MK-A9 Proはカチッと鳴ります。

f:id:shigre700:20180325191556j:plain

バッテリー入れるところ

問題無し。バッテリースロットを取り出すツマミがプラスチックなのはちょっと不安。
バッテリーはちゃんと2本入ります。

f:id:shigre700:20180325191627j:plain

f:id:shigre700:20180325191655j:plain

シャッタースイッチ

ここは賛否分かれそう。2段階のクリック感があるスイッチです。
純正では、むにゅっとした押し心地でAFが作動し、そのまま押し込むとシャッターが切れます。
MK-A9 Proは、軽くコリッとなってAFが作動し、そのまま押し込むともう1回コリッとなるタイミングでシャッターが切れます。
カニカルっぽさがあって、私はこっちの方が好みです。

f:id:shigre700:20180325191607j:plain

前後ダイヤル

α7RIII本体のダイヤルと比べて、少し鋭角で掘りが深い。
正直、指にとてもフィットして回しやすいです。
ホイールの重さは同じ~ちょっと軽い。

三脚穴

レンズの真ん中(センサーの真ん中)をちゃんと通っています。

f:id:shigre700:20180325192014j:plain

細かいところ

外したバッテリースロットのフタは、純正品と同様、取り付けておくことができます。
紛失の心配がなくて良いですね。 

f:id:shigre700:20180325191750j:plain

f:id:shigre700:20180325191817j:plain

という感じで、ざっと全体的に触れてみました。
で、2点ほど問題もあって…。

問題1 バッテリーグリップのON/OFFスイッチの仕様

純正品のスイッチは、バッテリーグリップのスイッチ類を使うorロックする
という挙動になっています。
ただMK-A9 Proは、バッテリーグリップ全体のON/OFFに関わります。
つまり、
・横構図で撮るとき、手のひらがC1とかに当たると暴発するかも
・本体のUSB端子から充電する時、バッテリーグリップのスイッチはONにしておく必要がある
・本体の電源をON/OFFする時、バッテリーグリップのスイッチも同じようにON/OFFしないといけない
と、主にこういうところが純正品の挙動と異なります。
実際に数日撮影に使ってみた限り、ボタンの暴発で困る事はありませんでした。
いずれも、気をつけよう程度の問題です。

問題2 スティックの挙動が敏感

スティックは押し込み上下左右の5通りを操作しますが、押し込みの反応が異常に高く、上下左右はあまり反応が良くありません。
分かる人には分かると思いますが、PSPDualshockのスティックの違いみたいな感じです。横に入力したいなら、ちゃんと横に押す必要がある。
これは慣れるまで数時間かかりましたが、慣れれば問題ありません。

まとめ

純正品の1/3の価格で、目立つ問題は2つだけ。
それもちょっと慣れれば済む話です。
他は純正品とそう相違ない挙動で、ちゃんと撮影が出来ます。
私みたいに貧困層の方にはマジでオススメです。
日本のamazonから購入出来るようになったので、是非チェックしてみてください。 

 


(ちなみに付属のリモコンはどう見ても技適クリアしてないので電池すら入れてません。これは自己責任で使ってくださいね。)

オタク、走る。

バイクでツーリング行きました、という日記です。

しぐれは福岡に住んでいて、北九州、山口県佐賀県あたりは比較的簡単にツーリングに行くことができる。
熊本となると、ちょっと遠いなあ…1日掛かりだなあ…という感じで、多少の気合いが必要になる。

関東で言うと…都心に住んでる人が宇都宮とか水戸まで行くような感覚?
でも関東って電車がすごい発達してるから、宇都宮くらいなら普通に行けるか…

で、本当に用事が無い限り行く事がない熊本に行ってきました。
目的は2つ。
1.菊陽の2りんかんが新規開店、2りんかんカフェ、美環ちゃんが来るので拝みに行く。
2.九州ツーリングでよく話題になる大観峰に行ってみる。

結果

f:id:shigre700:20180318193237j:plain

楽しかった。

GooglemapもYahooカーナビも、お店の名前がまだBIKERSフタバ菊陽店のままだったけど、今はここが2りんかん菊陽店。
この山田って書いてある地点が大観峰で、道中すごく気持ちよく走れるところと、めっちゃカーブきつくて危険なところがそれぞれあった。

これ初めてバイク乗って3ヶ月くらいで行くと死ぬやつだ…と思う。
車も結構走ってるけど、急カーブのところは車もかなり減速してくれるから、あんまり焦らず走れて良かった。

教習所じゃ絶対走れないようなヘアピンカーブなんだけど、この戦いを通して
「減速してギア落としてリアブレーキ掛けたまま、半クラ~繋ぐ+リアブレーキで速度調整しながらバイクを倒せば、かなり安定感を保って曲がれること」を身につけた。
これで合ってるんだろうか。ロマサガみたいにいきなりピコーンってなった感じなんだけど。
リーンウィズで走れない状況って初めてだったから、これは本当に怖かった。

でも開けた山道ってすごく気持ち良かったから、また走りに行きたい。

Fazer125とNinja400のオイル交換

しました。

特にNinjaは取扱説明書を読んでみると、6,000kmごとまたは1年毎に交換でいいって書いてある。
でも市井のブログでは3,000kmで交換しろって書いてある・・・。
なので今回は3,000kmで交換。
Fazerはブログが殆ど出てこないしYBRと同じ様なもんだと思うので、3,000kmで交換。

Ninjaのオイル交換

クラッチペダルの真下にドレンボルトあり。
ドレンワッシャは12mmのやつ。
オイルは1,600mlくらいだけど、サイドスタンド状態では油面が確認できなくて、
跨がった状態でスマホのカメラを使って確認。
ドレンボルトのビットサイズは17mmで、締め付けトルクは30N。

Fazerのオイル交換

エンジンの真下にドレンボルトあり。
ドレンワッシャは12mmのやつ。
オイルは1,000mlくらいで、油面確認の窓が無い…。
こっちはセンタースタンドがあるので、直立状態にしてオイルゲージで確認。
ドレンボルトのビットサイズは17mmで、締め付けトルクは分からなかったけどYBRが20Nだったので同様に20Nで締めた。
ナメるような感じはなく、滲みも今のところ無し。

今回使った道具たち

ドレンワッシャ

デイトナの汎用のやつ。
2台とも同じM12サイズなので1つ買えば使い回せて有難い。

 オイル

amazonのランキングにあったカストロールの4L入り。1Lあたり500円!

 全合成とか部分合成とかどうとかこうとかあるけど、これが安かったから…もし滲んだりするようだったら記事で報告予定。

 あ、あと今回初めてトルクレンチも調達。

 Fazerが20N、Ninjaが30Nだったから、これが丁度良い。
差し込み角によって3タイプあると思うけど、今3/8で揃えてるのでコレを選択。

E-Value プレセット型トルクレンチ 差込角 9.5mm 20~110N・m ETR3-110

E-Value プレセット型トルクレンチ 差込角 9.5mm 20~110N・m ETR3-110

 

 オイルジョッキとか廃油処理はなんか安いやつを使った。(適当)

自分で交換するのはGN125Hの時以来だけど、お店に頼むより相当安い…。
Ninjaの初回オイル交換、カワサキプラザ的なとこに頼んだら工賃込みフィルタ交換込みで8,000円掛かったんだよなぁ?点検費用無料って言ってもなぁ?

 

ところでカメラの話もすると、SEL24105Gが不具合だとかでドナドナされていきました。いつ返ってくるんだろうな…なんか寂しいから新しくもう1つレンズ買っちゃったぞ…。

Everyday Backpack 20Lの使用感

実際、37000円のバックパックってどうなの?

感想:それなりに使い勝手が良いのは勿論、丈夫さが段違い。

今年一発目の物欲解放として、PeakDesignのEveryday backpack 20Lを購入して数日。
前記事の植物園に行く時に担いで行ってみました。
その際の使用感をレビュっていきます。

購入前にいくつかのカメラバッグを手に取ってみたレビューはコチラの記事からどうぞ。

shigre.hatenadiary.jp

全体

見た目は…メーカーサイトでも見といた方がいいです。
PeakDesign
瀬戸さんのレビュー動画もオススメです。

一応、全体の写真を載せときます。今回購入した色はTanです。

f:id:shigre700:20180107190022j:plain

上部フリップ

パカッと開くと、財布、ストロボ、MDDの頭が見える状態で。

f:id:shigre700:20180107190035j:plain

仕切りはこんな感じで入れたので、財布とストロボがそれぞれ刺さってるような感じです。

f:id:shigre700:20180107190053j:plain

ストロボは日本で一番売れているであろう、TT560です。
これホント安いくせに使い出があるのでオススメです。
発光は微妙に安定しないですが、今のところほぼ困ってないです。
α7RIIIでも普通に使えますよ。

 左サイド

こっちはカメラ取り出す側。
内ポケットにオフカメラ用のワイヤレス機器を入れてます。
SDカード入れたりするみたいな厚みの無いポケットなので…結構もっこりします。
いずれは予備バッテリー入れたりすると思います。

f:id:shigre700:20180107190123j:plain

f:id:shigre700:20180107190126j:plain

で、肝心のカメラはこんな風に入れてます。
えー、ストラップのせいで何が何だか分かりませんね。

f:id:shigre700:20180107190149j:plain

カメラを抜いた状態です。
仕切りを、1枚は縦に、1枚を横に入れてます。

f:id:shigre700:20180107190201j:plain

そしてストラップを避けてカメラを入れ直すと、こんな感じ。

f:id:shigre700:20180107190217j:plain

縦でも横でも入るくらい広いです。縦グリつけても大丈夫そう。
高さも余裕があるので、24105は余裕で入りそうです。

f:id:shigre700:20180107190233j:plain

右サイド

こっちは娘が入ります。
バッグの真ん中に縦の仕切りが入ってて、左サイドがカメラ、右サイドがMDDです。
メイクが落ちないように、念のため柔らかめのタオルで包んであります…。

f:id:shigre700:20180107190304j:plain

並べてみるとこんなサイズ感。
とっても丁度良いです。
膝を曲げなくても一応入りますが、あまり上に顔があるとバッグに擦れてしまいそうなので、念のためマージンを取ってます。

f:id:shigre700:20180107190347j:plain

仕切り自体の見た目はこんな感じ。パッと見貧弱ですが、すっごく頑丈です。
この状態で上から押しても全く凹みません。

f:id:shigre700:20180107190404j:plain

という感じで、ドールとカメラと小物少々を入れたら満杯ですが、
丁度良い背負い心地です。
ちなみに、PeachのようなLLCだとこのサイズが飛行機内持ち込みのギリギリだと思われます。
以上、参考になれば。

 

 

娘の撮影に行こう(ドール撮影について)

やっぱポトレ撮りたいじゃん!

人間のコスプレであれば、カイブ等でイベントを探して行けば場所には困らないんですよね。
私は福岡に住んでるんですが、コス撮だとほぼ毎週イベントがあります。
普段レイヤーさんに誘われて撮りに行きますが、会場の方に
「ついでにドール撮っても良いですか?」って聞くと、許可くださる主催さんはいらっしゃいます。(ホントに有難う御座います)

が、ドールだけ撮るとなるとそうはいかない。
各種ドール系イベントに行けば専用の撮影ブースはあるけど、時間制限があったり、そもそも背景が印刷だから気が乗りづらい。
やっぱ実際の建物や自然があると撮影のテンションが変わります。

で、今回は意を決して撮影出来るか聞きに行ってみました。

福岡市動植物園

福岡市の真ん中にある施設ですね。
植物園の事務所の方にお話を伺ったところ、非商用で、2~3名の少人数で、他の方に気を遣う、植え込みの中に入らない、植物に影響を与えないならOKとのこと。
※迷惑をかけた時点で退場、以後撮影禁止もあるので、慎重に行動しましょう。
なお動物園側の方には話を伺ってませんが、そもそも動物と撮るのは相当リスク高いと思うので撮る気にならないでしょう…。

1月上旬というなかなか花の咲かないタイミングですが、こんな感じで撮れましたよーというのをいくつか載せます。

f:id:shigre700:20180108163714j:plain

f:id:shigre700:20180108163719j:plain

f:id:shigre700:20180108163724j:plain

f:id:shigre700:20180108163729j:plain

f:id:shigre700:20180108163734j:plain

f:id:shigre700:20180108163740j:plain

f:id:shigre700:20180108163745j:plain

f:id:shigre700:20180108163750j:plain

f:id:shigre700:20180108163755j:plain

f:id:shigre700:20180108163800j:plain

f:id:shigre700:20180108163806j:plain

植物園の概要

大体、ふらっと歩いて全体1時間ちょいくらいの規模感です。
マップは公式サイトが非常に分かりやすいです。

botanical-garden.city.fukuoka.lg.jp

入場料は一人600円。トイレは至るところにあるし、喫煙所は入り口付近にあります。(重要)
ベンチも多いので、撮影と休憩を適度に挟めておじさんには有難いです。

植物について

ひまわりチューリップあじさいくらいしか分からないので、本当に何も分からないんですが、こんな時期でも色々咲いてました。
手を伸ばしてる写真はスイセンとバラ…だったはず。
今回時間が遅かったので温室には行けてませんが、温室の中はきっとたくさん咲いてるんだろうなあ。

人混みについて

ほんと参考にならないと思いますが、
・雨予報の曇り
・1月上旬の土曜日 15時頃
・だいぶ寒い
という環境に2時間くらい居て、すれ違ったのは10組くらいでしょうか。
子ども連れの家族か、カップルという感じです。
おじさん一人で行くのは若干抵抗あるかも。
ドールを抱えて散策してると、子ども達の目を引く事は多いです。
じーっと見てこられる時は、挨拶するようにしました。
「キレイだねー!」って声を返されると嫌な気はしません。

また、レフ機に大型レンズをつけた撮影ガチ勢も数名すれ違いました。
カメラを持ってる事自体はそこまで違和感無く、溶け込めるんじゃないかなと。

最後に

こういった撮影スポットを紹介するのは善し悪しあると思います。
なかなか情報が出回り辛いので、どこ行って撮影したらいいんだという方の参考にしてもらいたい気持ちで記事を書いてますが、
撮影者が増えた時に、マナーの悪い方が目立つようになれば利用禁止になってしまいます。
ドールに限らずこの手の趣味は何でもそうですが、施設の主目的外の行動であるということと、先方の好意で許可いただいているということは忘れずにいたいものです。