ここはチラシの裏じゃ

カメラとドールとバイクとVapeとオタク

ドールスタンドを消そう with Photoshop

スタンドを消したい夜もある。

まずは現像済みのpsdファイルと、Photoshopを用意しよう。


Photoshopamazonでポチっと買えるので、持ってない人は買おう。
Lightroomがついてくるので、raw現像もできてコスパ良い。
月額1000円くらいなので、ランチ1回分と思えば安~~い(末期のオタク) 

 1.画像の読み込み

今日はこの画像にあるスタンドを消す。

f:id:shigre700:20190815194425p:plain

あさちゃんちのあそ棒を使ってるので左右に2本並んでますねぇ。

2.範囲選択をしよう

f:id:shigre700:20190815194716p:plain

使うのはクイック選択ツール
ブラシサイズを調整して、塗るようなイメージで範囲選択をする。
はみ出したところはAltを押しながらクリックすることで消せる。

f:id:shigre700:20190815194841p:plain

選択し終えたところ。ここまで約5分弱。

3.コンテンツに応じた塗りつぶしでざっくり消す

f:id:shigre700:20190815195028p:plain

編集コンテンツに応じた塗りつぶし

f:id:shigre700:20190815195213p:plain

選択している範囲と、塗りつぶした後のプレビューが表示されるので、問題なければOKを押す。
範囲がおかしいなと思ったらキャンセルして、クイック選択ツールで調整。

OKを押した後、こんな感じになった。

f:id:shigre700:20190815195446p:plain

輪郭がうっすら残っていて、いかにも消しました!という風になってしまう。
ここまでで大体6分。

4.スポット修正で仕上げる

次に使うのはスポット修復ブラシツール

f:id:shigre700:20190815195650p:plain

使い方は簡単。さっきの輪郭っぽく残ったところをなぞっていくだけ。

f:id:shigre700:20190815195755p:plain

f:id:shigre700:20190815195809p:plain

違和感あるところはどんどんなぞっていいし、ちょんちょんクリックしてもOK。
この作業は気が済むまでやりましょう。今回はもう片方も消すので、合計で大体15分くらい。

ビフォーアフター

こうなりました!

f:id:shigre700:20190815200721p:plain

消したと言っても、なかなか気付かないレベルになりました。

スタンドが写ってても写真としては問題無いんだけど、やっぱり没入感は損なわれる。
ぐっと魅力的な作品にするための一手間として、もしまだやったことがない方は一度やってみることをオススメします。

このスポット修復ブラシツールはレンズやセンサーについたゴミも消せるし、映り込んでしまった人間も消せます。便利なので色々使ってみてほしい。