ここはチラシの裏じゃ

はてなダイアリーから移行します。

Fazer125の色んなところに抜いたり挿したりしてUSB電源を取り付ける

やあ日本全国114514人のFazer125ユーザーのみんな!
今回は、Fazer125…あれ、YS125Fiだっけ…?
名前はよく分からないままだけど、このバイクにUSB電源をつけていくぜ!

つける電源は…なんだっけ、購入自体はだいぶ昔の話で覚えてないんだけど、
シガーソケットとUSBの両方を取り出せるやつです。
実はGearbestみたいなサイトでも売ってる。しかも安い。

www.gearbest.com

じゃ、これをつけていこう…なんだけど、GN125Hと違ってカプラーから取り出すのは無理っぽい。
なので今回はリレーを噛ませます。
USB電源の他に、今回改めて購入したものは以下のとおり。

エーモン リレー 4極 DC12V車専用

エーモン ギボシ端子セット(ダブル) 

エーモン ダブルコード 1.25sq 6m 赤/黒 1182 

 あとはテスターとか、圧着工具とか、普通のオスメスのギボシ端子とか、タイラップがあるといい。(いわゆる電子工作に使うものたち)

配線としては、リレーの説明通りにやればいいんだけど…簡単に図解しておく。

f:id:shigre700:20170906221454j:plain

この青い分岐ラインが分かりにくいかもと思ったので、以下実写。

f:id:shigre700:20170906204748j:plainこのU字になってる赤い線を介して、青い線に繋がってるんだけど、
元々この青い線がリアのランプの配線。
ギボシを外して、こうして三つ叉のギボシを経由して分岐させた。

あと、バッテリ周りで罠だなーと思ったポイントも紹介。

f:id:shigre700:20170906204812j:plain

リレーはこんな感じで、タンク横、シート下にあたる箇所が空いてるのでココに収納できる。
フレームがすぐそばにあるから、配線もまとめやすい。

f:id:shigre700:20170906204754j:plain

 

というわけで、ちゃんとリレーをつけてあげることで電源は取れるようになりました。
しばらくこれで走ってみて、何か問題があればまた記事にします。
以上!閉廷!