ここはチラシの裏じゃ

はてなダイアリーから移行します。

CE2MOD

どうしてもCE2は割れやすいので、加工する機会はいくらでもあるでしょう。
前回はOPTEXを使いました。
今回は、キャンドゥに売っている3mlシリマー(シリンジ?インジェクター?)を用いてみました。


手順。
1.割れたCE2の中身を取り出し、洗う。
 ちなみに取り出すときは、鉛筆を使うと良いです。
 尖った方ではなく、平らな方を吸い口側から入れます。
 そのままぐぐっと押していくと、リキッドが多少残っていればするりと抜けるでしょう。
 洗う時は、mod後にすぐ使うのであれば、適当でも良いです。
 ざっと水で流すだけでも良いでしょう。
 保管を考えるのであれば、重曹クエン酸エタノール等に漬けてやる方が良いかもしれません。
 ちなみにニクロム線は酸化(サビサビ)しやすいので、保管前にグリセリンを垂らしておくと酸化防止になります。


2.シリマーを分割する
 買ったばかりのシリマーは、取ってや針を付ける部分があります。
 邪魔なので、分割しましょう。
 方法は簡単です。
 カッターで丸く切り目をつけ、そのままカッターでゴリ押すか、ハサミでくるくる裁ってやります。
 力を入れすぎるとパイプが歪むので気をつけましょう。
 切り口が歪だと思われるので、カッターで軽く整え、やすり(紙やすりでOK)がけをしましょう。
 うまくいくと、こんな感じ。(作業後に撮影したので、改造完了しちゃってます。)


3.取り付ける
 シリマーはどちら側でも内径が同じなので、好きな方から差し込んでやりましょう。
 ニクロム線部分のシリコンははめたままでOKです。
 と、ここで注意。
 ※この3mlシリマーは内径が若干緩いので、そのままだとリキッドが漏れる危険があります。
 ※しぐれは今回、両面テープを一周させました。
 ※その他の手段があれば講じてください。
 ※後々分解しないのであれば、接着剤でも良いと思います。
 ※接着剤を使用する場合は、体に有害かどうかを調べる方が良いでしょう。


4.リキッドを入れて完了。
 やっと吸えますね。
 お疲れ様でした。
 吸い口側を下にして置くと、リキッドが微量ずつ漏れるかもしれません。
 何か保持台を用意して、なるべく吸い口が下を向かないようにすると良いでしょう。
 キーボードに立てかける、DSに立てかける、灰皿に立てかける、色々あると思います。


ただの素人による簡単CE2MOD講座でした。
しゅーりょー!